フリーローンとカードローンは、似ているようで異なります。
フリーローンもカードローンも基本的には、使用用途関係なく利用できるローンになるのですが、カードローンの即日融資が出来るフリーローンの場合はまず総量規制の影響を受けることがないという点が大きいのではないでしょうか?
フリーローンを利用できる金融機関は、銀行がメインになっていますので、銀行は総量規制に関係ない金融機関でありますから、フリーローンは収入によって借り入れ上限が決められるわけではありません。
カードローンの場合は総量規制にも関係ない銀行でも利用できるようになっていますが、基本的には消費者金融で借りることが多いですから、総量規制によって年収の三分の一までと制限されてしまいます。
そのため利用する人に制限がありますから、フリーローンの方が利便性が高いと感じる人もいるでしょう。
ではフリーローンのデメリットを紹介すると、フリーローンの場合はフリーローンの上限金額まで借り入れをしていない状態でも、追加に借り入れをすることができませんので、再び何か現金が必要になった場合でもフリーローンを新たに組み直すか、消費者金融のカーdローンを始め、また別の期間で新たに借金をしなければいけないというめんどくさい部分があります。
ちなみに総量規制については、すでにフリーローンで現金をある程度借り入れをしていても、カードローンを利用する場合はフリーローンの借り入れ分は換算しませんので、あくまでも総量規制は総量規制が対象になる貸金業者でのみ適応されるということになります。